2022年春の 天然ダイヤモンドピアス0.99ct k18 ピアス(両耳用)
2022年春の 天然ダイヤモンドピアス0.99ct k18 ピアス(両耳用)

【新品】No.168 ぐるぐるハートゴールドシルバーピアス!
たくさんある商品の中から、ご覧いただきありがとうございます。人気商品につき、ご購入前にコメントを頂くようにお願い致します。在庫が切れた場合オーダーメードを承ります。★商品説明★ダイヤモンド合計カラット:0.99ct(メイン石合計カラット:0.42ct)金属部分:k18ホワイトゴールド石部分: ダイヤモンド イエローダイヤモンド鑑別書付き(別途プラス3000要)☆発送する前に責任を取ってしっかりと検品した上、発送致します。是非ご安心くださいませ。ご購入後のトラブルを防ぐため、ご質問ございましたら、ご購入の前にどうぞお気軽にコメントくださいませ。返品や交換をお断り致しますが、運送中のトラブルなどで万が一商品到着後、商品に不備があった場合は評価前に必ず取引メッセージからお願い致します。#パール大好きのジュエリー#パール大好きのピアス#パール大好きのダイヤモンド#パール大好きのイエローダイヤモンド#パール大好きのハート#指輪#k18#プレゼント#結婚式#パーティー#カジュアル#フォーマル#ホワイト#ゴールド#バロックパール#入学式#リボンピアス#リボンモチーフ#蝶々モチーフ#蝶々ネックレス#卒業式#南洋#ドロップ#フリーリング#越もの#あこや真珠#宴会#パール#リング#アクセサリー#ブレスレット#水滴#ダイヤモンド#ピンクシェル#真珠#ターコイズ#ルビー#サファイア#エメラルド#赤珊瑚#フックピアス#クロス#クロスゆらゆ#母の日#ピンクダイヤモンド#プレゼント#ゆらゆらピアス#チョーカー#アルファベット#マザーオブパール#シェル#貝殻#蝶々#蝶々ピアス#蝶々リング#蝶々ネックレス#リボン#リボンモチーフ#リボンネックレス#リボンピアス#アルファベット#アルファベットネックレス#クロスペンダント#ホワイトシェル#ピンクシェル#マザーオブパール
カテゴリー:レディース>>>アクセサリー>>>ピアス(両耳用)
商品の状態:新品、未使用
:ブラック系
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:大阪府
発送までの日数:4~7日で発送
Skip to main content ブドウピアス

日本 - リコーグループ企業・IRサイト THE NORTH FACE - THE NORTH FACE レディース ナイロンパーカーM
クロコダイル RODANIA 財布 ショルダーバック 【ミュベール】膝丈コート/ネイビー アンティークテーブル クロス新品 花瓶 3点
Main content

2022年春の 天然ダイヤモンドピアス0.99ct k18 ピアス(両耳用)

研究員
木下 紗江

 以前、海外事情に詳しい友人と話をしていた時のこと。「今度、長期休暇を取得したらアメリカに行ってみたいな」とか、「アメリカでは今こんなものが流行っていて、今度日本にも初出店するらしいよ」―。などと威勢よく『アメリカ』『アメリカ』と連呼していたら、友人がさらっと一言。「ちなみにさ、むこうでは"アメリカ"のこと、『アメリカ』って言わないよ。『ユーエス(US)』って言うの」―

 どうやら「アメリカ」というと、カナダやメキシコ、グアテマラ、ニカラグア、コロンビア、ブラジル、チリ、アルゼンチン、さらにはキューバやプエルトルコといったカリブ海の島々まですべて含めた、アメリカ大陸を指すらしい。決して、「アメリカ」は、アメリカ合衆国という一国だけを指す言葉ではないようだ。

 確かに日本語にも、北米(North America)、南米(South America)、中南米(Central and South America)、ラテンアメリカ(Latin America)といった言葉がある。"米(アメリカ)"=アメリカ大陸。なのに、なぜか日本の学校教育ではずっと「アメリカ」=アメリカ合衆国と教えられてきた気がする。

メイベリン ファッションブロウ パウダーインペンシル BR-1 3本

 考えてみれば、これは外国人にとっての日本語も同じことだろう。私が高校生だった頃、近所に住む親戚の家に、マレーシアからの留学生がホームステイしていた。「日本が大好き」という彼女は、年齢が近かったこともあり、時折私の家に遊びに来ることがあった。家で一緒に遊んだり、おしゃべりをしたり、ご飯を食べたりすることもあれば、一緒に街に出掛けてプリクラを撮ったりした。当時の一般的な日本の女子高校生がやっているような遊びである。

 彼女はとても真面目で、もともと母国で日本語を勉強していたそうで、既に日本語が上手だった。ただ、そんな彼女が、特に苦労していたのが、日本語のものの数え方。といっても、勉強熱心な彼女は、「1(いち)、2(に)、3(さん)、4(し)・・・」という数え方はもちろん覚えている。その上、彼女は「1つ(ひとつ)、2つ(ふたつ)、3つ(みっつ)、4つ(よっつ)・・・という数え方も知っているよ」とにっこりと笑うのである。もう、ものの数え方はばっちりではないか。

 ところが、ご飯を食べるとき、お箸の数え方は「一膳、二膳、三膳・・・」、ものを書くとき、鉛筆の数え方は「一本、二本、三本・・・」、庭に遊びにきて戯れている猫を数えるときは「一匹、二匹、三匹・・・」。これには、彼女も次から次に覚えるものが増えて、何がなにやらといった感じで、とても苦労していた。

 このようにものの数え方が複雑なのは、日本特有らしい。洋服を買う時に「このTシャツを1つください」というのは変だし、本を買う時、「この本を1つください」というのも変だ。日本人は、家庭や学校教育の中で、少しずつ物の数え方を習得していくが、外国人にとってこれら一つひとつを覚えていくのは、至難の業のようだ。

 現地の言葉の微妙なニュアンスをきちんと理解して、適切に使い分けるというのは本当に難しい。と思っていたら、今年1月に米大統領に就任したトランプ氏が掲げるスローガンは「Make America Great Again」と「America First」―。あれ、しっかり「アメリカ」って使ってる。

レース トートバッグ

ROUTE66

木下 紗江

TAG:

※本記事・写真の無断複製・転載・引用を禁じます。
※本サイトに掲載された論文・コラムなどの記事の内容や意見は執筆者個人の見解であり、当研究所または(株)リコーの見解を示すものではありません。
※ご意見やご提案は、サーフボード ハンドキャリア

つむまるこ様確認用☆ピアス